Home > 男性看護師のイメージ

男性看護師のイメージ

肉体労働

以前は、看護師さんを看護婦さんあるいは白衣の天使と呼んでいましたが、
その時は看護師さんが女性の職業と思っていたからです。

いまは、女性も男性も看護の仕事に携わることが認知され看護師さんの
呼び名が定着したように思います。看護の仕事は、実際は重労働と言えるほど
肉体的に負担のかかる仕事なので、男性が多くこの仕事に携わってきている
最近では男性の仕事としてのイメージが強くなってきました。

数年前に私は病気で入院しましたが、その病院には男性の看護師さんが
半数近く仕事をしていて、患者さんのベットの移動や歩行介助など
男性ならではの仕事ぶりを見て何の違和感もなく、むしろ男性の仕事としての
印象を強く持ちました。

検温や採血などの時も男性が優しく声をかけながら、てきぱき仕事をする
様子は病院のごく当たり前の風景で安心感すら覚えました。
看護の仕事は夜勤もあるため、真夜中の勤務はむしろ男性の方がいいようにも
思います。これからも多くの男性看護師が病院で働いて欲しいと願います。