Home > 男性看護師の人間関係

男性看護師の人間関係

かつては看護婦と呼ばれていたように女性が活躍する職種でもありましたが、男性でも看護師になれる事から看護婦から看護師に名前が改められたものの、男性看護師の割合は低く、看護師全体の1割に満たすかどうかです。
それでも職場から男性の看護師を求める声も大きく、活躍が期待される場でもあるのにも関わらずデメリット部分や悩みが大きく、男性でもチャレンジしにくい環境になっている事は否めません。

特に女性が多い職場という事で人間関係で苦労を強いられる男性看護師も多いでしょう。女性が多くまた年功序列である環境はいじめや影口等で精神面で負担がかかるケースも多いでしょう。
周辺の医師や薬剤師と混じって働く職場では自分の立場に自信を持てない事もしばし出てくることもあります。また女性だらけの人間関係で常に疎外感やのけ者として同僚と見られないケースもあり、一緒に働く上で対等に働けないという男性も多いでしょう。

患者さんからの心無い言葉もたまに苦労として感じる事もあります。男性なのに看護師をしているのかと不思議がられたり、産婦人科など科によっては希望する事が難しいケースもあります。
しかし男性だからこそ出来る科も多いでしょう。精神科泌尿器科、透析など男性の力の強さや性に関連するデリケートな職場な所では重宝されるでしょう。